HOME > 企業情報 > 特別寄稿 
   
 
写真
●●株式会社
役職
○○ ○○氏

During the past decade, Canon has forged ahead under the Excellent Global Corporation Plan, a management initiative based on Canon's corporate philosophy of kyosei, which was introduced with the aim of building a corporate group that continuously contributes to society through technological innovation, and is worthy of admiration and respect worldwide. In pursuing this vision, Canon called on its ability to transform itself, starting with the introduction of two major changes in the corporate mindset - a focus on profit and total optimization. The spirit of reform then spread throughout the company, effecting innovations in the areas of production and development, followed by various other activities. As a result of our strenuous efforts, Canon emerged with a highly profitable financial structure and, in 2005, we achieved our sixth consecutive year of sales and profit growth.

In 2006, we embarked on Phase III of the Excellent Global Corporation Plan amid the development of two major trends in the business world: economic globalization and the spread of broadband networks. While maintaining a healthy profit structure and financial balance, Canon aims to realize sound growth by assisting the development of regional economies in step with the advance of globalization, and establishing a new world of digital imaging born from advanced connectivity between a rich range of imaging devices. Further, in keeping with our kyosei philosophy, we will continue to focus on environmental conservation, social contribution activities, corporate governance, and compliance.

While seeking to become a truly excellent global corporation that will continue to thrive and prosper for the next hundred years and beyond, Canon is moving forward in new directions, pursuing further innovation. We ask for your continued understanding and support in our endeavors.

ゲーム・プラットフォームは、世代を追うごとに一段と高速化が進む。今や、20年前の8ビット・ゲーム機に比べて動作周波数で4桁、総演算性能で5桁、総メモリ容量は6桁も向上するところまで進歩を遂げた。子供のための玩具という領域を超え、特定の機能・性能に限れば、最先端のパソコンやデジタル家電をも凌駕している。「プレイステーション3」の映像を、12年前に発売した「プレイステーション」の映像と比較すれば、この12年間の技術進歩の目覚ましさに驚くことだろう。 ゲーム機の最も重要な特徴の一つが「リアルタイム性」と「リアル・レスポンス性」の追求にある。これが他の電子機器や情報システムと決定的な違いを生み出す。中でも、ユーザー・インタフェースとなるコントローラの進化は、特筆に値する。確実で高速な入力操作を要求されるゲーム・コントローラは、操作ボタンが少ないながらも、直感的で多彩な入力操作の実現するために、継続的に改良が施されている。 コントローラの操作に即応するためにも、ゲーム機本体は瞬時にあらゆる演算を実行し、結果を計算しなければならない。様々な最新のソフトウエア技術や最先端のマイクロプロセッサ、そして半導体デバイス群が、最新のゲーム・プラットフォームに惜しげもなく投入されてきたのである。広大なバス・バンド幅の追求、並列演算処理、マルチスレッド制御、複雑で高度な同期・調停(アービトレーション)機能、パイプライン処理の最適化など、最新ゲーム・プラットフォームは常に、最先端技術へのチャレンジの場でもあった。これに対して、メインフレーム・コンピュータの機能を徹底して小型化してきたパソコンが、今や巨大なOSを導入するに至り、その代償として従前の快適なリアルタイム性を失ってきた。こうしたパソコンの流れと、ゲーム機の進化の歴史は一線を画するのである。
   
 
特別寄稿
人へのやさしさを追求して40年